日本人がベトナムで暮らす際の生活環境について紹介

ベトナム進出.net

ベトナム進出の際に必要となる情報をまとめているサイトです。ベトナム国の基本情報から実務的な進出手順まで幅広く網羅。情報収集にご活用ください。

ベトナム進出支援_生活について


現地で暮らす際の生活費について

東南アジアの物価は日本よりも格段安いことはご存知かと思われますが、ベトナムで暮らす場合、実際のトータルでの生活費は一体どれくらいかご存知でしょうか?

このページでは現地に住むベトナム人のローカルな生活費と、日本人がベトナムに在住する際の生活費を比較しながらご紹介していきたいと思います。

1ヵ月あたりにかかる生活費 比較

  • ローカルの場合(※中流層)
  • 家賃:25,000円(1LDKローカルアパート)
    食費:18,000円
    飲み会・飲食:7,000円
    交通費:4,000円
    娯楽:2,500円
    日用品:3,000円

    合計:59,500円/月

  • 日本人の場合
  • 家賃:70,000円(日本人向けサービスアパート1LDK)
    食費:20,000円
    飲み会・飲食:10,000円
    交通費4,000円
    娯楽:4,000円
    日用品:3,000円    

    合計:111,000円/月


日本人とベトナム人の生活費で大きく違っているのは、家賃と食費です。

全体的にベトナムの不動産価格は東南アジアの中でも群を抜いて高騰しており、同じアジアのタイの首都・バンコクよりも高額です。
エアコンなし、キッチンなし、シャワートイレのローカル向け1ルームでさえ家賃は安くても1万円ほどかかり、通常は2万〜4万円程度。
ローカル向けのグレードの低い部屋でもこれだけの値段がかかるため、日本人向けのサービスアパートともなると家賃は跳ねあがり、月額6万円以上かかることになります

次に食費ですが、日本人がベトナムに暮らす場合、どうしても日常的に日本食を食べに行ったり、日本から輸入されている食材を購入したりなどしてしまうため、現地のベトナム人の生活以上には食費がかかってしまいます

家賃においても食費においても、完全にローカルと同じ生活をすれば全体の生活費は1カ月6万円以下に抑えることができますが、日本の感覚に合わせた快適で安全な生活を求めるのであればひと月に10万円以上の出費は避けられません。


食生活

ベトナム進出_現地での食生活

ベトナムの料理はその他東南アジア諸国の料理とは違い、スパイシーな料理がほとんどないという特徴があります。
主食は米や、米粉から作った麺、お餅など。長い間中国(旧清)の支配を受けていたという歴史背景があるため料理の手法は煮る、蒸す、炒めるなど中華の料理法が主流で、作法としてはお箸やお茶碗を使って食事をします。

ベトナムの人々は、ラーメン(フォー)やおかずかけご飯といった安価な屋台食、外食で済ませる人が一般的です。

サービス業の参入により外国系の飲食店が都心部に多く、日本食など高価な食事をする若者も多くなってきていますが、普通の屋台食と比べれば価格は格段に高いので金銭的に余裕のある中流層〜富裕層の国民しか利用することが出来ません。
一般国民の間では屋台で食事を済ませる文化が主流で、一般の収入額を考えれば屋台での買い飯、外食をする方が生活に見合っています。

食事の他に、ベトナム人の間にも飲み会の文化は存在しており友人間での飲み会を月に3回〜5回は行います。
飲み会は大衆的な一般食堂などで行われるため、一回の飲み会にもそれほど費用はかかりません。

日本とは似て似つかない食文化ですが、ハノイやホーチミンでは日本食の飲食店がある、また日本の食材を手に入れることができるため日本人でも充分生活できます。
輸入品であるため値段は割高で、日本で買うよりも1.5倍〜2倍ほどの価格設定となっています。


娯楽

ベトナム進出_現地の娯楽や遊び

ベトナムでは娯楽施設が発展してはいないものの、人々はその限られた娯楽を日々の楽しみにしています。
ベトナムで楽しめる娯楽といえば、カラオケ、映画、ボーリング、食べ歩き、スポーツなど。
基本的にスポーツはベトナムの人によく楽しまれていて、競技人口も多く施設も充実。
プールやサッカー場などの施設が一回100円程と安く利用できます。

映画のチケットもたったの200円程度と、日本人の感覚から見ればかなり低価格で楽しむことが可能です。

またマッサージやスパの施設もあり、一番高級といわれている90分コースのマッサージスパでも4000円程度しかかからないため、気軽に楽しめてしまいます。


治安

ベトナム進出_治安について

海外に住もうと考えた時に気になる一つの要素として挙げられるのが、その国の治安。
ベトナムの治安は悪いという事はなく、宗教や政治的な対立がないためテロや戦闘などといった不安要素もありません

凶悪犯罪もあまり発生しない比較的平和な国といえますが、貧困差の問題からスリやひったくりなどの小さな事件が起こることがあります。
外国人というだけで格好の獲物になってしまうので、昼間もそうですが夜道を歩く際は常に身の回りに気を付けておく必要があります。

初対面の人間に警戒する、夜道に気を付けるといった日本で生活していても当たり前の注意さえ払っていれば、ほとんど安全に暮らすことができるでしょう。


ベトナムから見た日本


外国人を狙うスリやひったくりが多いという話は他の国の事情でもよく聞くと思いますが、そもそもベトナム国民は日本人や外国人にどのような印象をもっているのか気になるところ。
近隣国のタイ王国が親日というのは有名な話ですが、はたしてベトナム国は同じように親日国なのでしょうか?

結論から言うと、「親日国かと問われれば、まあ親日国」といったところです。

ベトナム国を訪れる日本人観光客のマナーが良い点ベトナムに輸入されているバイクなどの日本製品の質の良さという点で、ベトナムの人々は日本に対して良い印象を持っていると言えます。
親日といっても日本に対して多大なる尊敬の念を抱いているというわけではなく、ある程度リスペクトしている、というレベル。

しかしながら、過去に日本から植民地支配を受けていたという時代背景から、日本人に対して良い印象を持たない反日的な考えを持つベトナム人もいます。

こういった個人によって日本に対する印象の差がある点が、「ある程度親日国」と言える理由になります。

ほとんどの日本人が住むことになるハノイ、ホーチミンなどの都市部では日本の企業、飲食店、商業施設が進出している影響もあり、都会のベトナム人は日本に対して好印象を持つ傾向にあります
従って、生活上、日本人だからという理由で危険に晒されるという事はまずありません。


 



このページでは、ベトナムでの生活について詳しく紹介させていただきました。
関連情報として、さらに詳細な生活・日系機関情報を以下のページで紹介していますのでご参考にしていただければと思います。

ベトナムに住む日本人



また、この記事を読んだ方の多くは以下の記事もよくご覧になっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ベトナム国について 会社設立・法律について 事業開始に際して ベトナム進出成功に向けて